【英語が苦手なら】大学受験対策で英語塾に通おう

不得意分野を見極める

授業

重視すべきものを見つける

志望する大学や学科によって、大学受験では英語が重視されることもあります。これまであまり英語に力を入れてこなかった人は、志望大学や学科に合わせて英語塾に通った方がいいかもしれません。特に、英語はヒアリングや英文法など、様々な内容の試験となっています。幅広くできるようにしておいた方が無難です。そこで、大学受験向けの英語塾を探してみましょう。英語塾といってもいろいろあります。一般的にはヒアリングが不得意なことが多いため、英会話教室に通う人がほとんどです。ところが、大学受験の場合、英文法を読み取り訳し、それに回答するという問題もたくさん出てきます。ヒアリングだけでは対応できません。無難なのは、大学受験向けの英語塾を選ぶのなら、ヒアリングも英文法もどちらも学べるようなところを選択することです。実際に、大学受験向けの英語塾には様々なコースが設けられています。もちろん、英文法が得意な人はヒアリングのコースだけ選択することも可能です。いずれにしても、自身の不得意分野を克服し、英語の試験を全体的に回答できるようにしておきましょう。また、傾向と対策を知ることも大切です。大学受験対策としては、主に過去問から傾向を読み取っていきます。これまでどんな雰囲気の問題が出てきたのか、過去問を回答できるようにしておきましょう。それから、どんな問題が配点高めなのか知ることも大切です。その問題は落とさないようにするための学習も、英語塾で教えてくれます。

就職に有利な進学方法

生徒

将来の安定的な働き方を実現するためにも資格は取得すると良く、専門学校に進学するとメリットもあるでしょう。就職に関するサポートが充実している点もメリットであり、不安を軽減できます。専門学校選びは、オープンキャンパスや学校説明会も積極的に利用しましょう。

まずは好きになることから

男の子

中学受験の算数における勉強法としては、繰り返し何度も学習することが大切です。まずは四則演算などの基礎知識を高めることから始め、慣れてきたら文章問題や図形の問題など、少し難しい問題にも取り組んでみましょう。

様々な内容を想定しよう

ウーマン

高校入試で面接を設けている高校があります。質問内容を想定し、中学の先生や塾の講師などに協力してもらって、何度も面接の練習をしておきましょう。そうすれば、どんな質問にもスムーズに答えられるようになります。